image layout frameless
・女性をシュガーママ (sugar mama) という。 パパ活パパかつ)は、主に若い女性が継続的に食事やお茶そして性交をする対価として、自らに金銭を与えてくれる経済的に裕福な男性(パパ)を探す活動である。男性の年齢層が若い場合は「兄」とも呼ばれる。「援助交際」とは男性層の金銭的余裕の差や活動…
22キロバイト (3,009 語) - 2022年10月1日 (土) 02:22
名指ししてるけど…根拠や証拠があるのかな?証拠だけが全てじゃないけど、あくまで、それの真偽はつかないわけだねー

1 恐縮です ★ :2022/10/10(月) 00:08:43.01ID:CAP_USER9
デイリー新潮

 国会議員としての仕事はまったくしていないが、久々に大型の“暴露”を炸裂させた「ガーシー」こと東谷義和氏(51)。大半のメディアが静観を決め込むなか、実は水面下で芸能界の深部に衝撃が走っている。今回の“ガーシー砲”は、これまでの暴露と何が違うのか――。

「来年春に放送予定のNHK朝ドラのヒロインに決定している女優の浜辺美波が10代の頃に“パパ活”をしていたとの疑惑です。同じ疑惑は女優の川口春奈にもあるとして、さらに橋本環奈の暴露まで予告。“清純派”イメージの強い女優ばかりのため、SNS上では“嘘だ!”といった悲鳴も渦巻く騒動に発展しています」(スポーツ紙デスク)

■芸能界に巣くう「中国人アテンダー」

 今回のガーシー砲の特徴は、3人とも“流れ弾”というトバッチリを喰らった点にある。東谷氏によれば、本当の攻撃対象は彼女たちの周囲にいる女性タレントなどで、浜辺らに「恨みはない」とも語っている。

 芸能事務所関係者らを震撼させているのも、実はこの点だという。

「ガーシーのこれまでの暴露は、たとえば新田真剣佑や綾野剛の名前を挙げて“徹底的に晒す”と個人をピンポイントで狙ったものだった。しかし今回は彼女たちと男性を繋いだとされる女性タレントSや中国人の女性アテンダーKが本当のターゲットという。交友関係の広いSやKと接点のある女性タレントはかなりの数にのぼり、その実態は大半の事務所も把握できていないはず。“周りから攻める”と公言しているガーシーの暴露対象が今後、どこまで広がるか見通せず、風向き次第で“誰に流れ弾が飛んでくるか?”も分からない状況。これではリスク管理のやりようがない」(芸能プロ幹部)

 なかでも東谷氏が「ほんまヤバいよ」と名指ししたのがKだ。自身のインスタグラムで彼女の写真を公開して〈日本のタレントやアイドル、モデルを海外の金持ちに会わせて金を受け取る仕事しとるわ パパ活ゆうとるけど売春の斡旋やろ 食い物にされたタレントは山盛りおる 一緒になってそれを手伝うアホなタレントも大勢おるわ〉と断罪した。

■驚きのアテンド実態

「中国人アテンダーK」とは何者か。彼女に若手アイドルやタレントなどを紹介したことのある現役アテンダーがこう明*。

「日本語はすこし話せる程度で、年齢は現在40歳前後と聞いている。数年前には中国人富裕層を相手にしたアパレル会社や“ヒト幹細胞”を使った美容クリニックを都心で経営していた。K自身が“自分の顧客にはファウンダーが多い”と話していたように、中国の新興企業経営者や成金を大勢抱えていた」

 Kからは「〇〇だったら500万円払ってもいいと言ってる中国人実業家がいる。繋げられるか?」などと、具体的な女性タレントの名前を挙げてアテンドへの協力を依頼されていたという。

「私のほうで指名の女性との間で話をまとめると、実際に会う前にスカイプで客の中国人に“顔見せ”する機会をつくり、それで最終的な金額が決まることもあった。中国人の場合、日本の高級ホテルで女性と一晩過ごすのでなく、自家用ジェットなどで“一緒に数日間、海外旅行に行きたい”といったオーダーが多かった。その場合、支払われる金額も500万~1000万円程度に跳ね上がった」(同)

 ただし、そのうち女性側に渡るのは100万~300万円程度が相場だったとも。当然、所属事務所には一切話を通さずに行われる“ヒミツの副業”だ。

■女性側からクレームも…

 アテンド業界でも“中国バブル”が吹き荒れた2014年からコロナ禍前まで、Kをはじめとした複数の中国人アテンダーが「夜の港区」で幅を利かせていたという。

「Kら中国人アテンダーは一度“商談”が成立すると、次回以降は女のコと直接交渉することもザラで、同業者からの評判は良くなかった。またKと結託した顔の広い女性タレントが“お金の欲しい”若手女優やモデルをKへと繋ぐケースも頻繁にあった」(同)

 一方でトラブルも絶えなかったという。

「中国人はカネ払いはいいが、その分、“*”や“女体盛り”、“AV女優とヤリたい”など特殊な注文をしてくるケースも珍しくなく、あとで手配した女のコからクレームが入ることもあった。ただし同じパパ活でも日本人より高額がもらえ、マスコミなどにバレるリスクも少ないため、女のコ側もKらを頼る部分があった」(同)

 東谷氏の暴露が日本の芸能界の裏面に触れているのは間違いないようだが、一連の“口撃”は果たして公約である「芸能界浄化」へと繋がるのか。

デイリー新潮編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/4ca96861f20b8e6f4444fd055789ab324f8ac6d2
前スレ
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1665294100/

【《真実は?》「浜辺美波」「川口春奈」「橋本環奈」パパ活暴露騒動 “ガーシー砲”が名指しする?】の続きを読む