ゆるっとふわっと…芸能、トレンド速報!

ゆるっとふわっと生活している… 気になるニュースを上げていくブログ。よろしくお願いしま🥺

復活


高橋 ジョージ(たかはし ジョージ、1958年〈昭和33年〉8月13日 - )は、日本の歌手、タレントである。 本名、高橋 恭司(たかはし きょうじ)。音楽バンド 『THE 虎舞竜』のボーカルを務める。(みやぎ絆大使/栗原ドリームアンバサダー) 学生時代に組んでいたバンドのメンバーと共に上京。そこ
28キロバイト (4,010 語) - 2022年8月8日 (月) 08:35

(出典 i.ytimg.com)


新メンバー4人で、走り出した!とりあえず、走り出すことが大事!!

1 湛然 ★ :2022/08/14(日) 06:29:05.59ID:CAP_USER9
2022.08.14 デイリースポーツ
THE虎舞竜 復活ロード 新メンバー4人 高橋ジョージ「ポンコツでも走るのが大事」
https://www.daily.co.jp/gossip/2022/08/14/0015553521.shtml
 新メンバーを背に熱唱するTHE虎舞竜・高橋ジョージ(撮影・金田祐二)

(出典 i.daily.jp)

新メンバーたちとステージに立つTHE虎舞竜・高橋ジョージ(中央)=撮影・金田祐二

(出典 i.daily.jp)



 大ヒット曲「ロード」で知られるロックバンド・THE虎舞竜が、ボーカルの高橋ジョージの64歳の誕生日となった13日、都内で、18年ぶりの単独ライブを行った。YouTubeを通じて募集した新メンバーの4人をお披露目し、6人組の新体制に。高橋にとってデビュー40周年に新たな仲間を迎えて、「最終コーナーを回りました。ポンコツでも走るのが大事」と“音楽ロード”の集大成へ突入した。

 日本の音楽史に刻まれている名曲を生み出したバンドが、本格的に“再始動”した。2012年から高橋とベース・田中敬久(59)の2人組になっていたことや、バンド編成へのこだわりから、「THE虎舞竜」名義のライブは長らく封印。前身の「トラブル」としてのデビューから40周年の節目に新顔4人を迎え入れ、バンド活動を再開した。

 今年3月に公式YouTubeチャンネルで新メンバー募集を発表。100人を超える応募から、ギターの大嶋康太(34)、Juker(35)、ドラムスの杉山安曇(35)、三隅憧人(23)が選ばれ、ステージでお披露目された。

 一気に4人増となったが、高橋は「まだ一緒にやりたいヤツはいる」とさらなるメンバー増員も示唆。「野球のように『虎舞竜軍』として、先発とベンチに分けてもいいと考えてます。仲間であり、ライバル。スタメンを勝ち取ってもらえたら」とバンドとしては異例の“チーム構想”を練った。

 新メンバーは2人ずつ交代しての演奏となったが、アンコールでは高橋が1人ずつステージに呼び寄せて紹介。「たくさんの出会いを作っていただけた。今日はバンドでやります」と、ラスト14曲目に6人全員で「ロード」を披露した。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

【《復活》THE虎舞竜!復活ロード!高橋ジョージ走り出す!!】の続きを読む


ウェイバックマシン(2020年5月21日アーカイブ分) TBSによる番組公式サイト。上記の問題に対して「番組終了のお知らせ」と、「ご報告とお詫び」の書面に差し替えられている。 クレイジージャーニー - TBSテレビ クレイジージャーニー (@Crazy_Journey) - Twitter クレージージャーニー | Paravi
71キロバイト (4,334 語) - 2022年6月27日 (月) 08:47

(出典 pbs.twimg.com)


3年ぶりに帰ってくる、クレイジージャーニー!!不適切な演出で!?
待望論もあったとかなかったとか!!

1 muffin ★ :2022/06/23(木) 03:06:53.29
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202206220000781.html
2022年6月23日2時0分

不適切な演出問題で19年9月に放送終了したTBS系紀行バラエティー「クレイジージャーニー」が、10月期の番組改編でレギュラー放送として復活することが22日、分かった。根強いファンからの待望論があり、昨年5月に特番として復活。満を持して月曜午後9時の枠に戻って来る。「クイズ!THE違和感」が終了し、「CDTVライブ!ライブ!」が午後8時に枠移動する。

同番組は15年4月に放送スタート。司会はダウンタウンの松本人志(58)バナナマンの設楽統(49)小池栄子(41)が務め、独自の目線や強いこだわりを持って世界や日本をめぐる旅人が常人離れした体験談を語ったり、番組スタッフと同行ロケをする内容。奇界遺産フォトグラファー佐藤健寿さんや危険地帯ジャーナリスト丸山ゴンザレスさん、爬虫(はちゅう)類学者の加藤英明さん、写真家ヨシダナギさんら多くの名物キャラクターが登場した。

不適切演出は、19年8月14日に放送された2時間スペシャルおよびその日の深夜枠で放送した内容。爬虫類ハンターがメキシコに生息する珍しい生物を探し、捕獲する際のロケで、事前に準備した生物をあたかもその場で発見したような演出が問題視された。番組は、同9月4日の放送を最後に打ち切りに。放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会で審議入りし、20年8月に「放送倫理違反があった」という見解を下された。

しかし、番組終了から2年以上たっても待望論は絶えなかった。昨年の特番の成功を経て、3年ぶりにレギュラー放送が決定した。関係者は「あのようなことが2度とないように、反省の上に立って、万全の体制でやります。いい番組を視聴者に届けようと、気を引き締めています」と語る。多くの人々が待ち望んだ旅が再び始まる。

【《待望》「クレイジージャーニー」10月にレギュラー放送で復活!!】の続きを読む

このページのトップヘ