ゆるっとふわっと…芸能、トレンド速報!

ゆるっとふわっと生活している… 気になるニュースを上げていくブログ。よろしくお願いしま🥺

映画 洋画 邦画


『天空の城ラピュタ』(てんくうのしろラピュタ)は、スタジオジブリ制作の長編アニメーション映画作品。スタジオジブリ初制作作品。監督は宮崎駿。 監督である宮崎の小学校時代に考えていた架空の作品が骨子となっており、原作となる作品が存在しない初のアニメオリジナルの監督作品である。製作は徳間書店。高畑勲の映
131キロバイト (18,895 語) - 2022年8月11日 (木) 16:40

(出典 aoisora2525.com)


スタジオジブリ3週連続ジブリ祭り!!

今夜もサーバーがパンクするのか!?それとも制限をかけるのか、滅びの言葉


バルス!!

爆笑

1 湛然 ★ :2022/08/12(金) 05:18:09.89ID:CAP_USER9
金曜ロードショー「3週連続スタジオジブリ」、第1週目「天空の城ラピュタ」が本日21時より放送!
8/12(金) 0:00 Impress Watch
https://news.yahoo.co.jp/articles/1fa575704b9c70c4d3ba23e4d28ab551f75a3a7e
写真:Impress Watch

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)



 日本テレビは、「金曜ロードショー」にてアニメ映画「天空の城ラピュタ」を本日8月12日21時から放送する。ノーカット放送となり、放送時間は23時39分まで。

 本作は、原作・脚本・監督を宮崎駿氏が担当し、1986年に制作された長編アニメ映画。空に浮かぶ伝説の島「ラピュタ」、そして謎の飛行石を巡る冒険ファンタジーが描かれる。勇敢な少年・パズーと心優しい少女・シータの成長物語が展開していく。

 「金曜ロードショー」では、「3週連続 夏はジブリ」を開催しており、第1週目の「天空の城ラピュタ」に続き、8月19日には「となりのトトロ」、8月26日には「耳をすませば」がそれぞれ放送される。また今回、番組後半では、11月1日にオープンする「ジブリパーク」の最新情報も紹介される予定。

【ストーリー】

「空から少女が降ってきた……! 突然の出会いが、少年の運命を変える」

シータ(横沢啓子)は小さな山里で暮らす少女。ある日、彼女はムスカ(寺田農)率いる謎の男たちによって巨大な飛行船に乗せられ、連れ去られてしまう。しかし飛行船を、空賊のドーラ(初井言榮)一家が襲撃! 飛行船から逃げようとしたシータは、誤って落下してしまった。
不思議な力で静かに降りていくシータ。彼女を助けたのは、炭鉱で働く少年・パズー(田中真弓)。パズーはシータを自宅に連れ帰るが、翌朝、ドーラ一家とムスカたち国防軍がシータを探して渓谷の町に現われる。

町の人たちの協力でなんとか逃げるものの、追い詰められた2人は深い谷底へ……! その瞬間、シータのペンダントが光り輝いた! 空に浮かぶ幻の王国・ラピュタで作られた飛行石の結晶が、秘められた力を発揮したのだ。無事に地下の坑道に降り立ったパズーとシータだったが……

【声の出演】
パズー:田中真弓
シータ:横沢啓子
ドーラ:初井言榮
ムスカ:寺田農
ポムじいさん:常田富士男
将軍:永井一郎
親方:糸博
おかみ:鷲尾真知子
シャルル:神山卓三
ルイ:安原義人
アンリ:亀山助清
老技師:槐柳二
マッジ:TARAKO
(敬称略)

【スタッフ】
原作・脚本・監督:宮崎駿
音楽:久石譲
挿入歌:「君をのせて」 作詞:宮崎駿 作曲:久石譲 歌:井上杏美(徳間ジャパン)
(敬称略)

■ キーワードを集めて豪華賞品をゲットしよう!

 毎週、データ放送上で表示されるキーワードを集めて、番組公式サイトから応募すると、抽選で豪華賞品が当たる。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

【《話題》スタジオジブリ夏の金曜ロードショー!第1週目「天空の城ラピュタ」】の続きを読む


スター・ウォーズシリーズ > スター・ウォーズ登場人物一覧 > C-3PO C-3PO(シースリーピーオー/シースリーピオ、See-Threepio)は、アメリカのSF映画『スター・ウォーズ』シリーズの登場人物(ロボット/ドロイド)。通称3PO。 プロトコル(儀礼・通訳用)ドロイドで、様々な人種が存在し
18キロバイト (2,436 語) - 2022年6月6日 (月) 01:35

(出典 www.genkosha.co.jp)


ランキング内のロボット大人でも子供心を彷彿とさせるものもありますね!!

1 湛然 ★ :2022/08/11(木) 06:08:49.08ID:CAP_USER9
The Best Robots in Movies, Ranked
By Brent Wiggins
Published 7 hours ago
※DeepL翻訳
https://movieweb.com/best-robots-in-movies-ranked/

映画に出てくるロボットの中で、私たちの記憶に残っているのはどのロボットでしょうか?

ロボット、アンドロイド、ドロイド、オートボット、ディセプティコン、ヒューマノイドなど、機械化されたマシンは様々な形、サイズ、スペアパーツがあります。人間離れしたフィギュアを作ることは、どんなクリエイターでも不安な達成感を味わうことができます。創造されること、そして自分のデザインしたものを作ることは、たとえ自分の似姿であっても、フランケンシュタイン流の人生を反映した芸術である。また、起源を知らないものもあり、冷徹で計算高い金属の塊に恐怖のレイヤーを追加している。
ハリウッドのSF黄金時代のB級映画では、ロボットはポンコツで巻き添えを食らうか、心ないオートマトン殺人者のプログラムを持つという立場に置かれている。多くの人は、ロボットは人間を助けるのではなく、人間に取って代わるものだと考えているが、すべてのロボットが悪者というわけではない。

その飛躍的な進歩の中で、最高のSF映画は人々に考えさせる。派手な未来の道具やベルやホイッスルは、人々を笑わせるのに十分である。あるフランチャイズは*で、より良い見送りをするために人々を泣かせる。
ロボットには、私たち自身の非人道的な無関心さ、何でもできる姿勢、何でも受け止める姿勢を共有するというユニークな役割がある。ロボットは道具でありながら、時に噛みつき、辛口で、気まぐれな性格をエンジョイしてくる。サイボーグやAIの*屋は、ラジオシャックでとぼとぼ歩いていればいい。以下のロボットは善意を持って、私たちをビシッと感じさせてくれる。



1 C-3PO - Star Wars (1977)

2 Iron Giant - The Iron Giant (1999)

3 Futura / Maria - Metropolis (1927)

4 Robby the Robot - Forbidden Planet (1956)
5 Tin Man - The Wizard of Oz (1939)
6 Bishop - Aliens (1986)
7 Gort - The Day the Earth Stood Still (1951)
8 Andrew Martin - Bicentennial Man (1999)
9 Sonny - I, Robot (2004)
10 Marvin - The Hitchhiker's Guide to the Galaxy (2005)



1 C-3PO - スター・ウォーズ (1977)

(出典 static1.moviewebimages.com)


600万以上のコミュニケーションを流暢に操る」金メッキのプロトコル・ドロイドは、控えめな執事のようなエチケットとマナーを備えている。メトロポリス』のマリアのデザインから、遥か彼方の銀河系からやってきたドロイドのパーツもインスパイアされている。アンソニー・ダニエルズが声優を務め、コミカルな表情と危険に直面したときの理性的な対応を安定させている。ルーク・スカイウォーカーの他に、C-3POはアナキン・スカイウォーカーがダークサイドに転向する前に作った唯一の善良な存在です。C-3POは、第一に真の友人であり、第二にロボットである。


2 アイアン・ジャイアント - The Iron Giant (1999)

(出典 static1.moviewebimages.com)


テッド・ヒューズによる童話が、ブラッド・バード監督によってカルト的な人気を誇るアニメーション映画となった。反戦マシンは、お互いを傷つけ合い、自分ではない誰かになることが答えではないことを皮肉ったものだ。自律したパーツで構成され、自分自身を再び組み立てることができるロボットは、私たちをスーパーマンのように感じさせてくれるに違いない。


3 フューチュラ/マリア - メトロポリス (1927)

(出典 static1.moviewebimages.com)


マシーネンメンシュ(ドイツ語で機械と人間の意味)とも呼ばれるジノイド(女性型ロボット)は、最初は労働者大衆を抑圧する存在でした。しかし、ドイツの表現主義者フリッツ・ラング監督の画期的なサイレント・ディストピア映画の中で、彼女はすぐに希望と反抗のシンボルとなった。マリアは映画で最も早く描かれたロボットの一つであり、最も印象深い作品の一つであることは間違いない。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

【《映画》「最高のロボット・ランキング」 を米映画サイトMovieWeb!!】の続きを読む


Disney+ (ディズニープラスからのリダイレクト)
ウォルト・ディズニー・カンパニー > ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション  > Disney+ Disney+(ディズニープラス)は、ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューションが所有・運営する、アメリカの定額制ビデオ・オン・デマンド・OTTサービスである。
267キロバイト (25,249 語) - 2022年8月8日 (月) 00:00

(出典 www.nna.jp)


主要6メーカーに搭載予定、結局月額は払うんだよね!?きっと。。。

1 カーディフ ★ :2022/08/08(月) 22:21:52.97ID:CAP_USER9
ウォルト・ディズニー・ジャパンは、テレビメーカー各社の2022年夏モデルのテレビリモコンに『Disney+(ディズニープラス)』ボタンが搭載されたことを発表した。

『Disney+』ボタンが搭載されるのは、Panasonic(ビエラ)、SHARP(AQUOS)、TVS REGZA (レグザ)、ソニー(BRAVIA)、Hisense(HISENSE)、LG(LG)の全6メーカー。テレビリモコンの『Disney+』ボタンを押すだけでアプリが直接起動するので、サービスにログインするまでの時間を大幅に短縮して便利に利用できるようになる。

『Disney+』は、月額990円(税込み)で『ディズニー』、『ピクサー』、『マーベル』、『スター・ウォーズ』、『ナショナル ジオグラフィック』、『スター』のここでしか見られない映画、アニメーション、ドラマ、ドキュメンタリーなど誰もが楽しめるコンテンツ満載の動画配信サービス。106の国と地域で展開し、会員数は全世界で1億3700万人(2022年4月時点)を超えている。

https://dime.jp/genre/1440350/

【《話題》ディズニーがテレビのリモコンに「Disney+」ボタンを搭載】の続きを読む


ONE PIECE (ワンピース (漫画)からのリダイレクト)
『ONE PIECE』(ワンピース)は、尾田栄一郎による日本の少年漫画作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて1997年34号より連載中。略称は「ワンピ」。 海賊王を夢見る少年モンキー・D・ルフィを主人公とする、「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」を巡る海洋冒険ロマン。
282キロバイト (36,020 語) - 2022年8月7日 (日) 04:51

(出典 bpnavi.jp)


回転しまくるウソップが機材トラブルで、無限ぬ転がるループを目の当たりにして、ファンが!!

返金はされたそうですよ!!

1 朝一から閉店までφ ★ :2022/08/07(日) 20:59:26.68ID:CAP_USER9
2022年08月07日 13時30分 公開
“無限に転がり続けるウソップ”で上映中断 劇場版「ONE PIECE」TOHOシネマズのシュールな機材トラブル話題に
ウソップゥゥッ!
[コンタケ,ねとらぼ]

 TOHOシネマズららぽーと横浜で、映画「ONE PIECE FILM RED」がトラブルにより上映中止となりました。すでに返金した上で招待状配布済みとのことですが、トラブル発生時に観客たちが目撃したものは“転がり続けるウソップの無限ループ”でした。なんちゅうシュールな映像や。

 ONE PIECE FILM REDは、『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の漫画「ONE PIECE」の劇場版。8月6日から全国で上映中です。

 トラブル発生時の上映に訪れていたじょしゅさん(@joshu_aT)によると、転がり続けるウソップの無限ループにより上映を一度中断したとのこと。その後1度は再開したものの、今度はウソップがコマ送りで転がり始め復旧不能により中止となったそうです。まさかの回転ウソップエンドとなってしまった。

 ネット上ではこのとき訪れていた観客から「ウソップが無限に転がり続けてた」「ウソップループで強制退場になり横浜からとんぼ返りすることになった」など同様の報告が複数あがっています。なお、TOHOシネマズららぽーと横浜では、8月7日本日通常通りに上映が実施されています。

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/2208/07/news043_0.html

→転がり無限ループウソップを目撃した人たち
https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/2208/07/news043_2.html

【《話題》超シュールだが、ウソップファン悶絶!!機材トラブルで!!】の続きを読む


映画の配信媒体 映画館 オリジナルビデオ テレビ映画 ネット配信 映画の著作物 映画の分類 映画のジャンル 映画のレイティングシステム 映倫 - 日本ビデオ倫理協会 映画映画評論 映画映画技術史(英語版) 映画用語 映画会社 映画学校 映画プロデューサー - 映画監督 - 脚本家 - 映画俳優
44キロバイト (5,638 語) - 2022年6月30日 (木) 16:54

(出典 www.sankeibiz.jp)


トラウマ必至の怖い映画、あなたはどれくらい見たでしょうか!?

1 牛丼 ★ :2022/08/06(土) 13:31:54.40ID:CAP_USER9
 「怖い映画」という言葉から、どのような作品を思い浮かべますか?

 ホラーやスリラーといった“王道”に恐怖を感じる人もいれば、ラ*トーリーや人間ドラマに垣間見えた要素を「怖い」と思ってしまう人もいるはず。「怖い映画」を定義づけるのは、なかなか難しいことなんです。

 本記事では、映画.com編集部メンバーが「本当に怖い」と感じてしまった作品を合計30本セレクト。ジャンルは、あえて不問としています。編集部が全力でプッシュする“恐怖体験”――ぜひ味わってみてください!

1.「悪魔を見た」(サスペンス/スリラー/アクション)
2.「イット・フォローズ」(ホラー)
3.「ウィッカーマン final cut」(ホラー/ミステリー)
4.「エクソシスト3」(ホラー/スリラー)
5.「江戸川乱歩猟奇館 屋根裏の散歩者」(ミステリー/ロマンポルノ)
6.「崖の上のポニョ」(アニメーション)
7.「空中庭園」(家族ドラマ)
8.「来る」(ホラー)
9.「ゲット・アウト」(ホラー)
10.「コンジアム」(ホラー)

11.「コンティジョン」(パニック/サスペンス)
12.「サスペリア PART2」(ホラー)
13.「ザ・バニシング 消失」(サスペンス)
14.「残穢(ざんえ) 住んではいけない部屋」(ホラー)
15.「女優霊」(ホラー)
16.「ストーカー」(スリラー)
17.「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」(人間ドラマ)
18.「箪笥/たんす」(ホラー)
19.「ディア・ハンター」(戦争ドラマ)
20.「テリファイド」(ホラー)

21.「鳥」(パニック/スリラー)
22.「ナイトクローラー」(サスペンス/スリラー)
23.「反撥」(スリラー)
24.「プライベート・ライアン」(戦争ドラマ)
25.「フリーソロ」(ドキュメンタリー)
26.「蛇の道」(バイオレンス/スリラー)
27.「ヘレディタリー 継承」(ホラー)
28.「リング」(ホラー)
29.「ルビー・スパークス」(ラ*トーリー)
30.「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」(人間ドラマ)

【《戦慄》本当に怖い映画30選!!トラウマ&衝撃作、厳選!!】の続きを読む


ジュラシックパーク」(Jurassic Park)、後に「ジュラシック・ワールド」(Jurassic World)は、アメリカのSFメディア・フランチャイズである。1990年、ユニバーサル・ピクチャーズとアンブリン・エンターテインメントが、マイケル・クライトンの小説『ジュラシックパーク
26キロバイト (1,613 語) - 2022年3月21日 (月) 15:10

(出典 m.media-amazon.com)


男の子は一度は憧れましたよね!!これもその中の一つかもしれませんね!^_^

1 ギズモ ★ :2022/07/29(金) 17:16:19.52ID:CAP_USER9

(出典 pctr.c.yimg.jp)

ヴェロキラプトルのブルーと3年ぶりに再会するオーウェン Jurassic World Fallen Kingdom:TM&(C)2018 Universal City Studios Productions LLLP and Amblin Entertainment,Inc.All Rights Reserved.

【明日の金ロー】シリーズ完結編の「序章」として楽しみたい「ジュラシック・ワールド/炎の王国」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20220728-07281133-sph-ent

 29日の金曜ロードショー(後9時)は、「ジュラシック・ワールド/炎の王国」(2018年)をノーカットで放送。シリーズの中で初めて次作につながる終わり方をしているだけに、同日に公開される完結編「―新たなる支配者」を見る前に、ぜひともチェックしておきたい1本だ。

 物語は、前作「ジュラシック・ワールド」(15年)で描かれたパークでの惨劇から3年後が舞台。パークの管理責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)は、仲間たちと共に恐竜保護を目的とした団体で活動していた。そんな中、パークのあった「イスラ・ヌブラル島」の火山活動が活発化する。

 恐竜を助け出したいクレアは、最初にパーク建設を計画した男性の仲間だったロックウッドのもとに赴き、支援の約束を取り付ける。同時に、彼に仕える男・ミルズの依頼を受け、訓練されて高い知能を持ったヴェロキラプトルのブルーを捕獲するため、調教をしていたオーウェン(クリス・プラット)を呼び寄せ、一緒に島に乗り込む。だが、その裏では別の計画が進行していた…。

 アクション映画がヒットした場合、パート2はさらに盛り上がりを大きくするために大げさな演出を取り入れるのは「続編あるある」。「旧三部作」のパート2「ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク」(1997年)も第1作と比べると、ストーリーよりも派手さを追ったところが見られ、そのぶん軽薄さが目立った。本作でも、火山から逃げようとする場面での荒唐無稽なところや、「お約束」の人間が恐竜に襲われるシーンでは、真剣に見ていると思わず苦笑いを浮かべてしまう人もいるかもしれない。

 ただ、これを「―新たなる支配者」の「序章」として考えれば、全く見方が変わってくるのではないだろうか。それぞれのシーンを映画の中の「見どころ」として考えるのではなく、シリーズの完結に向かうまでの一つの「エッセンス」とすれば、「盛り上げのためにこんなシーンあってもいいよね」と思える。

 個人的にはシリーズ第1、2作に登場したマルコム(ジェフ・ゴールドブラム)が再登場するのがうれしい。人間が”神”であるかのように恐竜の生命を操ることに対して、疑問と反発を抱いていた彼が本作の最後で放つ言葉を聞けば、なぜ「新三部作」が「―パーク」ではなく「―ワールド」と名付けられたのかが分かるだろう。(高柳 哲人)

【《話題》シリーズ完結編の「序章」として楽しみたい!!】の続きを読む

このページのトップヘ