ゆるっとふわっと…芸能、トレンド速報!

ゆるっとふわっと生活している… 気になるニュースを上げていくブログ。よろしくお願いしま🥺

映画 洋画 邦画


《新作》新海誠監督最新作が本日公開!!


すずめの戸締まり』(すずめのとじまり、英: Suzume)は、新海誠が監督・脚本を務める、2022年日本アニメーション映画。 縦横比は前作『天気子』までビスタサイズ16:9だったが、本作はシネスコ横長となる。 キャッチコピーは「行ってきます。」「扉向こうには、すべて時間があったー」。…
24キロバイト (2,430 語) - 2022年11月11日 (金) 02:37



今回の新作は、どこまで興行収入が伸ばせるか!?

【《新作》新海誠監督最新作が本日公開!!】の続きを読む


コンピュータグラフィックス (CGからのリダイレクト)
computer graphics、略称: CG)は、コンピュータを用いて画像を生成する科学技術、及びその技術によって生成される画像のことである。 表現手段としてのCGは、鮮やかな色彩、編集の容易さ、非現実的な映像などを提供することができる。映画、アニメ、テレビコマーシャル、イラストレーション、漫…
20キロバイト (2,927 語) - 2022年8月16日 (火) 05:28
CGアニメに、手描きアニメファンが…。。まぁ、どちらもいいところがあるからなー。。

1 鳥獣戯画 ★ :2022/11/08(火) 19:00:28.62ID:RlY7SzSs
リアルサウンド11.07 14:00
https://realsound.jp/book/2022/11/post-1174973.html

 11月4日に予告編が公開され、12月3日の公開に向けて大きな盛り上がりを見せているアニメーション映画『THE FIRST SLAM DUNK』。テレビアニメ版から一新したボイスキャストについての議論とともに、賛否の声が聞こえるのが、3DCGを活用した作画だ。

 原作の漫画『SLAM DUNK』が現在もデジタル配信されていないことからもわかるように、作者・井上雄彦氏は“紙と手描き”のフィジカルなアートにこだわる作家として知られる。本人の監督作品ということもあり、CGを使わず手描きを主体としたアートワークになることを期待した一定数のファンにとって、予告編の映像は違和感を覚えるものだったようだ。

 現在、YouTubeではテレビアニメ版『SLAM DUNK』の本編が期間限定で公開されている。こちらをあらためて観てみると、確かに、随所に“90年代のアニメ”然とした懐かしさを覚えるし、「バスケの動き」として違和感のあるシーンも少なくないが、いまも熱中できるクオリティだったことに気付かされる。放送開始が1993年10月と、もう30年近く前のアニメであり、声優をオリジナルキャストで、というのはさすがに無理があるように思えるが、現在の作画技術で、セルアニメとしての『SLAM DUNK』を観てみたい、というのは、「懐古趣味」と切って捨てることができない、ファンの思い入れかもしれない。

 しかし、同時に予告映像で注目したいのが、原作と比較してまったく違和感のないキャラクターの表情や、手描きのような温かみのある質感だ。

 映画『THE FIRST SLAM DUNK』公式サイトにおいて、本作で演出を担当している宮原直樹氏は、井上監督の「ツルツルしてない。ざらっとしてる」という言葉をキーワードとして挙げている。また美術監督の小倉一男氏は、「リアルな背景描き込みというよりは、マンガが動いてる感じ」という指示を受けたことを明かしており、CGによるリアルかつ滑らかな描写と、漫画ならではのざらついた質感を共存させるため、心を砕いてきた経緯がわかる。

 そもそも『SLAM DUNK』という作品自体、それまでヒット作の乏しかった「バスケ漫画」というジャンルへの挑戦であり、その果実を現実の競技シーンに還元する「スラムダンク奨学金」という取り組みも含めて、連載終了後もチャレンジを続けてきた作品だ。一方で、前出のように「紙の本」へのこだわりを持ち続け、デジタル配信が行われていないことから、「革新」と「伝統」の両側面を大事にしながら、多くのファンに愛されてきた名作だと言えるだろう。だからこそ、新たなビジュアルを喜ぶファンもいれば、変化に違和感を覚えるファンもいるのではないか。

 井上雄彦氏は10月20日、自身のブログに「知らない人には初めての、知ってる人には、知ってるけど初めて見るスラムダンク。そんな感じで気軽に楽しんでもらえたら嬉しいです」と綴っている。賛否両論の議論も作品を盛り上げる彩りにも思えるが、まずは劇場で、本作をじっくり楽しみたいと思う。


PV


(出典 Youtube)


【《賛否》映画『SLAM DUNK』CGアニメに賛否 ファンの手描きへの製作陣の想い!?】の続きを読む


SLAM DUNK > THE FIRST SLAM DUNK THE FIRST SLAM DUNK(ザ・ファーストスラムダンク)は2022年12月3日に公開される予定のアニメーション映画。 『SLAM DUNK』原作者の井上雄彦が監督・脚本を務める。当初はタイトル未定で2022年秋に公開予定であったが、…
9キロバイト (936 語) - 2022年11月7日 (月) 07:58
まだ現役で声の仕事やってるなら、やってほしかったのが、ファンの間だよね。それか新しくリメイクで声優やってからの映画だったら、また話は違ったのかなー!?

1 muffin ★ :2022/11/07(月) 19:51:53.82ID:3MprKiN19
https://magmix.jp/post/119924
2022.11.07

2022年11月4日、来月に公開が予定されている『SLAM DUNK』の新作映画『THE FIRST SLAM DUNK』の声優がTVアニメ版から変更されることが明かされました。その直後から各SNSでは旧来のファンによる悲痛な投稿が相次ぎ、ショックを受けた方が大勢いることが明らかになりました。なぜ声優交代に否定的な意見が多かったのでしょうか?

中略

声優の交代自体は珍しい話ではありません。先日、2年にわたる再アニメ化を終えた『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』は1991年に1度目のアニメ化が行われていますが、新作では新たな配役が行われ、特に問題なくファンにも受け入れられています。

これは「1話から全編リメイク」という違いとあわせ、第1作で主人公のダイ役を務めた藤田淑子さんが2018年に惜しまれつつも他界されたことも、大きな要因のひとつとなっているでしょう。再び演じてもらいたくても、どうにもなりません。なお、藤田さんは2019年に発売されたゲーム『JUMP FORCE』でダイ役を演じており、これが遺作となっています。収録は2018年と思われるので、足掛け27年にわたりダイ役を演じてくれました。

対して『SLAM DUNK』はTVアニメ版の桜木花道役・草尾毅さん、流川楓役・緑川光さん、赤木剛憲役・梁田清之さん、宮城リョータ役・塩屋翼さん、三井寿役・置鮎龍太郎さんの5人全員が現役で活動しています。塩屋さんは講師や音響監督へと仕事が移行しているようですが、今もたまにですが声の仕事もされているようです。

また、声優交代が発表される前から前売りチケットの販売が開始されていたこと。現在千葉テレビやテレビ愛知などでTVアニメの再放送が行われ、過去の記憶が呼び覚まされた方が多かったことなど、さまざまな理由から否定的な意見がSNS上に数多く投稿されてしまったと思われます。

アニメは映像とストーリー、音声で構成されていますが、このなかで最も強く心に刻まれるのは「音声」です。子供の頃に見たアニメのストーリーは忘れてしまっても、オープニングやエンディング、キャラクターたちの声はいつまでも心のなかに残り続けています。

中略
とはいえ、さまざまな事情から声優の交代をしなければいけないことが多いのもまた事実です。

全文はソースをご覧ください

★1:2022/11/07(月) 16:34:49.27
新作映画『スラムダンク』声優交代にファン激怒の理由 炎上を避けるにはどうすべきだったか
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1667806489/

【《失望》12月公開の映画、スラムダンク!!声優交代にファン激怒、失望の声も上がり批判殺到!!】の続きを読む


SLAM DUNK』(スラムダンク)は、バスケットボールを題材にした井上雄彦による日本の漫画作品。『週刊少年ジャンプ』にて、1990年(42号)から1996年(27号)にかけて全276話にわたり連載され、アニメやゲームも制作された。 主人公の不良少年桜木花道の挑戦と成長を軸にしたバスケットボール漫画。単行本第21…
81キロバイト (7,967 語) - 2022年10月9日 (日) 18:51
世代の人も多い気がするなー。これは漫画界の金字塔だと思うよ。あそこで終わらせたのも、いい感じの終わり方だよね!!

1 muffin ★ :2022/11/04(金) 23:34:01.53ID:aSYyxYPI9
https://www.oricon.co.jp/news/2255726/full/
2022年11月4日

人気漫画『SLAM DUNK(スラムダンク)』の新作アニメ映画『THE FIRST SLAM DUNK』(12月3日公開)の新情報が4日、発表された。

湘北メンバー5人のボイスキャストは、テレビアニメ版から一新され、PG(ポイントガード)宮城リョータ役を仲村宗悟、SG(シューティングガード)三井寿役を笠間淳、SF(スモールフォワード)流川楓役を神尾晋一郎、PF(パワーフォワード)桜木花道役を木村昴、主将でC(センター)赤木剛憲役を三宅健太が担当する。

1993年に放送されたテレビアニメ版では、桜木花道役を草尾毅、赤木剛憲役を梁田清之、流川楓役を緑川光、三井寿役を置鮎龍太郎、宮城リョータ役を塩屋翼が務めていたが、今回の映画ではキャストが一新された。

これは東映アニメーションの公式YouTubeチャンネルで放送された特番内で発表されたもので、キャラクターボイスが入った映像も公開された。

新作映画では、監督・脚本を原作者の井上雄彦氏、アニメーション制作は東映アニメーション/ダンデライオンアニメーションスタジオが担当する。

映画について井上氏は10月に自身のブログにて「映画を作り始めてから数年が経ち、いよいよ完成が近づいてきました」と報告しており、「今回の映画は新たな視点で描いたスラムダンクと言えます。キャラクターたちの新たな絵を描く時のように、何度も描いてきたはずだけど初めて出会う人のように、この映画も新たな命のようなものを持つことを願って取り組みました」と説明。

「知らない人には初めての、知ってる人には、知ってるけど初めて見るスラムダンク。そんな感じで気軽に楽しんでもらえたら嬉しいです。制作はいよいよ最後の上り坂をスタッフ皆で登っている最中です」と思いを伝えていた。


(出典 ogre.natalie.mu)


(出典 ogre.natalie.mu)


(出典 ogre.natalie.mu)

左から三宅健太、神尾晋一郎、仲村宗悟、笠間淳、木村昴。

映画『THE FIRST SLAM DUNK』新情報解禁特番


(出典 Youtube)



映画『THE FIRST SLAM DUNK』最新予告


(出典 Youtube)




関連
映画『SLAM DUNK』最新予告映像が公開 キャストボイス入りで湘北メンバーが試合
https://www.oricon.co.jp/news/2255858/full/

映画業界初の試み『SLAM DUNK』早くも座席指定券が1ヶ月前から購入可能に あす5日から開始
https://www.oricon.co.jp/news/2255857/full/

映画『SLAM DUNK』主題歌情報が解禁 OPはThe Birthday、EDは10‐FEETが担当
https://www.oricon.co.jp/news/2255856/full/

★1:2022/11/04(金) 20:12:52.56
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1667565728/

【《最新作》映画slam dunk!!キャスト一新、最新予告映像公開!!キャストボイス付き!!】の続きを読む


《新作》アバレンジャー!!20年ぶりの新作!^_^


スーパー戦隊シリーズ > 爆竜戦隊アバレンジャー 『爆竜戦隊アバレンジャー』(ばくりゅうせんたいアバレンジャー)は、2003年2月16日から2004年2月8日まで、テレビ朝日系列で毎週日曜7:30 - 8:00(JST)に全50話が放送された、東映制作の特撮テレビドラマ、および作中で主人公たちが変身するヒーローの名称。…
205キロバイト (27,405 語) - 2022年10月31日 (月) 06:31



懐かしい人がいるのかもしれない!20年ぶりのアバレンジャー!!

【《新作》アバレンジャー!!20年ぶりの新作!^_^】の続きを読む


竜とそばかすの姫』(りゅうそばかすのひめ)は、スタジオ地図制作による日本のアニメーション映画。2021年7月16日に東宝配給で公開された。 50億人以上が集うインターネット仮想世界〈U〉出会った女子高生を主人公した物語。歌姫のベルというアバターで〈U〉に参加し、その歌声でたちまち世界に注目さ…
76キロバイト (10,503 語) - 2022年10月1日 (土) 23:05
声優人がやばい!!めっちゃ違和感しかない。これはアテなおしたほうがいいのでは?

1 イヨクマン(東京都) [ヌコ] :2022/10/02(日) 08:42:27.89ID:qHWEuZC40●

9月23日の『金曜ロードショー』(日本テレビ系)では、細田守監督の大ヒット映画『竜とそば*の姫』を地上波初放送。視聴率が苦戦していたことが判明した。

同作の世帯平均視聴率は7.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)。興行収入60億突破の大ヒット作にしては物足りない
数字に思えるが、仕方ない面もあると言う。

他局の放送番組が強すぎて…
「この日の放送番組が、とにかく全局強かったのです。テレビ朝日系では『ミュージックステーション4時間スペシャル』を放送して8.1%を獲得。
フジテレビ系では、ワールドカップを直前に控えた中での『キリンチャレンジカップサッカー2022・日本×アメリカ』を放送して10.4%を獲得。
テレビ東京系ではキラーコンテンツ『やりすぎ都市伝説』をオンエア。『竜とそば*の姫』にとってはかなり災難なタイミングになりました」(芸能記者)

この数字に、ネット上では

《むしろあれをそれなりの人が見たのか…》
《おかしいな。興行収入は細田守の中で一番なのに》
《何十回もやってるトトロの方が高いのか…》
《映画館行った奴は見ないよなー1回見たらもう絶対見ないやろ》
《初見だったから見たけどもう一回金ローでやる言われても見ないだろうな》
《アマプラで見れたうえにおもんないこともバレたからな。面白かったら視聴率はもっと取れてる》

といった悲痛な声が上がっている。

結局、『サマーウォーズ』が一番ということになってしまうのか…。

https://myjitsu.jp/archives/382455

【《爆》金ロー『竜とそばかすの姫』視聴率が大爆死 世帯平均視聴率は7.5%!!】の続きを読む

このページのトップヘ