ゆるっとふわっと…芸能、トレンド速報!

ゆるっとふわっと生活している… 気になるニュースを上げていくブログ。よろしくお願いしま🥺

野球


日本高等学校野球連盟 (高野連からのリダイレクト)
して公益財団法人日本学生野球協会を構成している。高野連の2019年7月3日の発表によれば、5月末時点での全国の加盟校数と野球部の部員数は、部員数は、14万3867人、加盟校数は、3957校[1]。 略称は日本高野連(にほんこうやれん)または単に高野連(こうやれん)とも。
29キロバイト (4,077 語) - 2022年7月29日 (金) 19:51

(出典 number.ismcdn.jp)


改革できないのはどこも同じですよね。今の世代の問題か、めんどくさいだけなのか??笑
根本的な問題をクローズにしては、何も生まれない気がしますけどね!^_^

1 jinjin ★ :2022/08/11(木) 08:44:48.30ID:CAP_USER9
夏の甲子園で選手の熱中症多発 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」と識者バッサリ


外出をなるべくさけること──。

テレビに表示された熱中症警戒情報。
その文字の中、炎天下の甲子園で白球を追いかける高校球児が映し出されている。


開催中の全国高校野球大会で、序盤から酷暑によるアクシデントが続出。
大会2日目の7日には3選手が担架で搬送され、翌8日にも3選手が足をつったり動けなくなる症状を訴えた。


この展開は予想できたはずだ。数年前から猛暑で球児や観客が倒れるたび、改善策が俎上に上がってきた。
ナイター開催、ドーム球場への変更……幾度となく議論されてきた案は一向に実現しない。

今月4日には高野連が「暑さ対策として、試合を朝の部、夕方の部に分けて実施する2部制を含む、新しいさまざまな対策について検討を始める」と発表したが、どこまで本気なのか疑わしい。


スポーツライターの小林信也氏が言う。
「2部制と言い出したのは世論に配慮しているというアピール。高野連は変えることへのアレルギーがものすごくある。『夏に甲子園でやる』ことを絶対に変えたくないので、変えないための努力はするが、変えるための努力はしないでしょう。私はもう甲子園じゃなくてもいいじゃないかと思う。別に大阪でなくても、涼しい北海道でもいい。みんな『甲子園は聖地』だと言うけど、第一回(1915年)の会場は甲子園じゃない。
しかも今の甲子園の場内は広告だらけで、どこがアマチュア野球の聖地なのか。広告の聖地ですよ。海外メディアはその異常さに、選手と広告をモチーフにした写真を撮るんです。高校野球は高校生のための野球なのに、大人のための野球になってしまった。伝統は大事ですが、甲子園を神格化することが、これからの時代にどれだけの意味があるのかを考えていくべきです」


2018年の夏から水分補給休憩を設けたり、20年春大会から指定スパイクの色を黒色だけでなく熱のこもりにくい白色も可としたが、どれも抜本的な酷暑対策にはならず、昨夏の大会では1試合に4人が足をつった。

「日本サッカー協会ではWBGT(湿球黒球温度)が31度以上(気温にすると約35度前後)になる場合、試合を中止または延期するという指針を出すなど、試合開催に制限を設けている。炎天下でボールを追いかけているのは野球だけですよ。高校生が甲子園で試合をすると、小中学生も練習しなきゃいけなくなる。指導者は『お前ら、甲子園行きたいなら練習しろ』じゃなく『こんなに暑いんだから練習なんてやめろ』というのが教育者としてあるべき姿です」(前出の小林氏)


まず甲子園の呪縛から解かれるべきは高野連か。


https://news.yahoo.co.jp/articles/1acdfd945649584a3e6c93297fbf1832653e84c7

(出典 i.imgur.com)



前スレ
【高校野球】夏の甲子園で選手の熱中症多発 担架で搬送される選手、足をつり動けない選手… 猛暑問題放置は「高野連の改革アレルギー」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1660145649/

【《熱闘》熱闘が続くなか!!暑くなり続けているのは??夏の甲子園で選手の熱中症多発!!】の続きを読む


日本高等学校野球連盟 (高野連からのリダイレクト)
して公益財団法人日本学生野球協会を構成している。高野連の2019年7月3日の発表によれば、5月末時点での全国の加盟校数と野球部の部員数は、部員数は、14万3867人、加盟校数は、3957校[1]。 略称は日本高野連(にほんこうやれん)または単に高野連(こうやれん)とも。
29キロバイト (4,077 語) - 2022年7月29日 (金) 19:51

(出典 www.milale.ne.jp)


諦めない姿には、感動をするがこの暑さの中、どこまでやらせるのか疑問が残るところだと思う。

1 jinjin ★ :2022/08/02(火) 22:18:27.50ID:CAP_USER9
「82対0」の野球に感動している場合ではない…高野連が見て見ぬふりする甲子園予選の「残酷ゲーム」を許すな


夏の甲子園の千葉県予選2回戦で、82対0という大差のつく試合があった。
ライターの広尾晃さんは「最後まで試合を続けたわせがくは素晴らしい。しかし、こうした試合が続けば、いつか事故が起きる。高野連は、強豪校とそれ以外の格差拡大について、対策を講じるべきではないか」という――。


■82対0の試合に見る高校野球の荒廃

7月11日、夏の甲子園の千葉県予選(第104回全国高等学校野球選手権千葉大会)で、82―0という大差がついた試合があった。
長生の森公園野球場で行われた2回戦、そのスコア。

----------
千葉学芸 32 33 9 1 7:82
わせがく  0  0  0 0 0:0
----------


5回コールドだが、試合は3時間13分に及んだ。

こういう試合では、一般メディアは、大差がついてもギブアップせずに野球を続けたわせがくナインをたたえるような記事を書いて、一丁上がりにするのが常になっている。

しかしこんな試合があるたびに、心ある野球指導者や関係者は「この試合をどう考えるべきか」「どんな手を打つことができたのか」をSNSなどで話し合っている。

例えばスポーツマンシップの観点から、勝ったチームの選手のふるまいは正しかったのか。コールドの規定を変えるべきではないか。
また、そもそもこんなカードをなぜ組んでしまったのか、大会の仕組みを変えるべきではないのか?そんな議論が起こっている。

筆者はこうした議論にも加わっているが、もう一つの視点として、この試合を「高校野球の荒廃の縮図」だとみている。


■2校の間にある圧倒的な差

千葉学芸高校は千葉県東金市にある私学。元は女子高で2000年に共学になり、この年から甲子園の予選に参加している。
歴史は浅く甲子園に出たことはないが、2017年には甲子園出場経験のある監督が就任し、昨年の千葉県大会では4回戦まで進出している。部員数は100人前後。

わせがく高校は香取郡多古町にある全日制と単位制、通信制を併設する私学。
2003年創設で2005年から予選に参加しているが、2006年に1回戦で勝っただけであとは初戦敗退している。部員数は十数人だ。


その部員数からしても千葉学芸が高校野球に力を入れていることは明らかだ。
これに対し、多様な生徒を受け入れているわせがくは、野球経験者も少なく、練習機会、環境に恵まれない中で予選に参加したと想像される。
恐らくは試合前のシートノックを見るだけで、実力差は歴然としていたはずだ。


■形だけの文武両道をうたう学校

この2校は、今の高校野球の「2つの典型」だ。

一つは一部私学の「甲子園出場」を前提としたビジネスモデルだ。
中学野球の有名選手を「特待生」にして学費免除など好待遇で入学させ、他校で実績があった有名指導者を採用して選手を徹底的に鍛え上げる。
グラウンドやジムなど練習施設も整備する。

さらに多くは「全寮制」で「24時間野球漬け」を可能にする。投資を回収するために、有望選手だけでなく、一般の野球部員も大量に入学させる。
彼らの多くは3年間控え選手で、結果的に一般部員が有望選手の学費や寮費など諸経費を負担することになっている。

中には学園経営者に「何年で甲子園出場」など約束させられる指導者もいる。
指導者も選手も「何が何でも甲子園」というプレッシャーの中で部活を行うのだ。


私学の中には「東大など有名大学進学」と「甲子園出場」という2つの看板を掲げて、別個に全国から生徒を募集するところもある。
一つの学校に全く資質の違う2種類の高校生がいるのだ。最近はこういうスタイルを「文武別道」と呼んでいる。


■ギリギリ部活をやっている学校

もう一つは「辛うじて野球にアクセスしている学校」。

わせがく高校は教育改革によって「多様な学びの形」が可能になったことで生まれた新しい高校だ。
コースによって生徒の1日のスケジュールはまちまちだ。通信制、単位制、全日制とさまざまな就学環境にある生徒が、練習時間を確保するのは容易ではない。それをやりくりして予選に出てきているのだ。


以下、ソース
https://news.yahoo.co.jp/articles/15a89169df785136ad0ec083ad66517fd6851531?page=1

【《高校野球》『82対0』千葉県大会での結果に。。高野連は見てみぬふり??あまりにも残酷なゲームかと。。】の続きを読む


菊池 雄星(きくち ゆうせい、1991年6月17日 - )は、岩手県盛岡市出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。MLBのトロント・ブルージェイズ所属。愛称は「U Say」他(後述)。 妻は元アナウンサーの深津瑠美。代理人はスコット・ボラス。 小学3年生の時に見前タイガースで一塁手として野球を始める。
71キロバイト (9,634 語) - 2022年7月29日 (金) 20:07

(出典 upload.wikimedia.org)


さすが野球選手、早く生涯賃金稼がなきゃね!笑

1 フォーエバー ★ :2022/07/30(土) 11:09:02.97ID:CAP_USER9
7/30(土) 10:19配信

スポーツ報知

 米大リーグ・ブルージェイズの菊池雄星投手の妻で、元フリーキャスターの深津瑠美さんが30日に自身のインスタグラムのストーリーズを更新。スタジアムで夫の登板試合を観戦したことを報告した。

【写真】黒タンクトップも素敵ショット

 菊池が投げている動画をアップしながら、ブロンズ美女2人と撮影した写真を公開。おそろいのタンクトップにデニムのショートパンツを合わせたファッションで笑顔を見せた。また別の写真では、知人の赤ちゃんを抱っこしている姿も披露した。

 2人は2016年6月に結婚し、19年7月に長男が誕生。今年5月の投稿では、菊池とチャリティーイベントに参加した際に撮影した夫婦ショットなど公開して話題になった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3849ee2caffb1090f6e80c1a64cb8abe9268719e


(出典 hochi.news)

【《衝撃》菊池雄星の美人妻はこんなに可愛いのか!?笑】の続きを読む


東京ヴェルディeスポーツチーム 東京ヴェルディビーチバレーチーム 東京ヴェルディチアパフォーマンスチーム VENUS 東京ヴェルディバンバータ 東京ヴェルディ3x3バスケットボールチーム 東京ヴェルディ女子ホッケーチーム 東京ヴェルディ GOLD'S バスケットボールチーム 湘南ベルマーレ NPO法人湘南ベルマーレスポーツクラブ
14キロバイト (1,550 語) - 2021年10月4日 (月) 08:06

(出典 www.nikkansports.com)


タレントの稲村亜美さんが、日本代表で日の丸を背負うことになりそうだった!?

1 muffin ★ :2022/07/19(火) 19:18:19.31ID:CAP_USER9
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/07/19/kiji/20220719s00001000557000c.html
2022年7月19日 18:31

全日本野球協会(BFJ)は19日、男女混合5人制の手打ち野球「ベースボール・ファイブ(B5)」初の日本代表として、アジア杯(8月17~19日、マレーシア・クアラルンプール)に出場予定だった東京ヴェルディ・バンバータの代表権を取り消すと発表した。アジア杯の参加規約にある「新型コロナウイルスのワクチン接種」において、チーム内で期日までに満たせていなかったため。当該チームにはタレントの稲村亜美(26)も所属していたが、アジア杯でプレーする機会を失った。

BFJによると、東京ヴェルディ・バンバータの派遣手続きの際、規約を満たしてない選手がいることが判明。その後、BFJが臨時のコンプライアンス委員会を開き、経緯や参加規約の精査を行い、当該チームの代表権が取り消されたという。アジア杯には、代表決定戦で準優勝した5STARsを日本代表として派遣することが決まった。

東京ヴェルディ・バンバータには稲村のほか、元ソフトボール日本代表の長崎望未(30)も在籍。16、17日に行われた日本代表決定戦で優勝し、日の丸の座を勝ち取っていた。稲村は「まさか、自分の人生で日本代表を背負うとは思わなかった。アジア杯でも勝ち上がっていきたい」と話していたが、まさかの展開となってしまった。

▽B5日本代表選考の応募条件 (1)日本国籍(2)15歳以上、生年月日が2007年(平19)12月31日以前であること。(3)チームの選手全員がマレーシア入国日の15日前(22年7月30日)までにコロナワクチンを3回接種済みであること。

▽チーム編成の条件(以下のいずれかの選手数で構成) (1)男性4人、女性4人の計8人(2)男性4人、女性3人の計7人(3)女性4人、男性3人の計7人。また、日本代表選出チームの総選手数が7人(少なくとも男女3人ずつ以上を含む)を下回った場合は代表権利を取り消し、次の順位のチームを繰り上げて代表チームとする。


(出典 www.sponichi.co.jp)


関連
【野球】タレントの稲村亜美が5人制野球の日本代表に! 東京ヴェルディ・バンバータが決定戦で優勝、アジア杯切符獲得 [jinjin★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1658068650/

【《野球??》5人制の野球って知ってますか!?珍しいですね!!】の続きを読む


秋山 翔吾(あきやま しょうご、1988年4月16日 - )は、神奈川県横須賀市出身のプロ野球選手(外野手)。右投左打。広島東洋カープ所属。 日本プロ野球におけるシーズン最多安打記録(216本・2015年)保持者。 2歳で野球を始め、1995年の卒園文集には「やきゅうせんしゅになりたいです。いちろ
58キロバイト (6,412 語) - 2022年6月30日 (木) 05:55

(出典 img.topics.smt.news.goo.ne.jp)


あきやましょうが加入か!?広島の夏は暑いか?

1 ひかり ★ :2022/06/30(木) 14:30:12.86
<広島-ヤクルト>◇30日◇マツダスタジアム

 マツダスタジアムで入団会見を行った広島の秋山翔吾外野手(34)が1軍の全体練習に参加した。

 アンダーソンとともにグラウンドに姿を見せると、野手だけでなく、投手も集まった円陣の中心でチームメートにあいさつした。「秋山です。よろしくお願いします」と切り出し、すぐさま菊池涼を指さして「そこ笑わない」。さらに「“アキ”と呼んでください。よろしくお願いします」と自ら愛称を口にして気さくなところをみせた。

 河田コーチとの話を終えると、ウオーミングアップを開始した。合流初日からフリー打撃の最終組に入って打撃練習も行う予定となっている。

日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/209e269f535d18bbe77c45bccd5c3dfb6e0748e0

(出典 www.nikkansports.com)

【《プロ野球》広島!秋山翔吾。。。入団会見後、全体練習へ合流。】の続きを読む


ブランドン・J・レアード(Brandon J. Laird, 1987年9月11日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サイプレス(英語版)出身のプロ野球選手(内野手)。千葉ロッテマリーンズ所属。 メキシコ出身の母を持つメキシコ系アメリカ人。 愛称は「スシボーイ」。日本では好物の寿司にちなむ「ス
54キロバイト (6,271 語) - 2022年5月8日 (日) 12:00

(出典 www.nikkansports.com)


ロッテのレアードが退場するとして、白井審判との遺恨。。溝がまたまた大きく??笑

1 あかみ ★ :2022/05/16(月) 14:23:32.63

 白井球審は、ロッテにとって因縁の相手。4月24日の同じく京セラドーム大阪でのオリックス戦で佐々木朗希が判定に対して浮かべた苦笑いと数歩マウンドを降りた行為が不服を示した態度と判断され、白井球審がマウンドに詰め寄るという騒動があった。
 後日、この問題については、NPBが審判員全員とミーティングを開き、審判の行動規範を改めて確認している。

 さらに前日のゲームでは、ロッテが0-1で迎えた9回二死一、二塁、フルカウントからエチェバリアが見逃しの三振に倒れ、その際、エチェバリアが猛烈に判定に抗議。井口監督もベンチを出たが、福家球審が、それを制したにもかかわらず、さらに球審に近づいたため、これを警告を無視した審判に対する異議を唱える行為と取られて退場処分となっていた。 

 この時、レアードも同僚を援護するため、もの凄い口調で審判団に不満をぶつけていた。エチェバリアの怒りの抗議は、この日のレアードとは比べものにならないくらいに激しかったが、なぜか本人は退場にはならず、退場になったのは警告をふりきって審判団に近づこうとした井口監督だけ。そして、まるでそれらのすべてが伏線となったようなこの日のレアードの退場劇に、ネット上では、賛否の意見が飛び交った。

「暴言を吐けば、退場は当然。ルールに従っただけ。白井球審の判断は正しい」「ロッテ側が神経質になりすぎているのでは?」という声や「白井球審ばかりトラブルが起きるのはなぜ?」「前日の抗議への報復では」「白井審判は意固地になっている」「なぜロッテと問題を起こした白井審判に再度球審をさせたのか」などの意見。
 また「ロッテと白井審判の間の信頼関係がなくなり、リスペクトがない状態でフェアなプレーは難しい」や「なぜ両者は冷静になれないのか」「もうストライク、ボールの判定にはAIを導入するしかないのでは?」という意見まであった。

 白井審判を中心とした審判団と、ロッテの間に不穏な空気が流れていることは間違いない。広島、ロッテ、中日、阪神などで長年コーチを務め、WBCに出場した日本代表チームでのコーチ経験もある評論家の高代延博氏も苦言を呈する。
「ストライク、ボールへの抗議は認められておらず、レアードがどんな暴言を発したのかわからないので、この措置の是非についてはコメントできないが、佐々木朗希の騒動から、井口監督の退場という一連の動きが背景にあるため、審判とロッテの両者共に必要以上に過敏になっているなとは感じる。ルールブックは絶対であり、その番人である審判もまた絶対だが、その審判が、こうも主役になってしまうのは異常だし、ファンは審判とロッテの“いざこざ“を見るために球場に足を運んでくれているわけではない。野球の素晴らしいプレーを見たいのだ」

 その上で、高代氏は「大事なのは今後だ」と強調して、こう提言した。
「早急に白井審判も含めた審判部とロッテで話し合いの場を持つべきだと思う。冷静に、ここまでの3つの案件を両者で検証して、互いに思っている意見を出し合って、和解ではないが、遺恨、因縁というものを消し去る作業が必要ではないか。昔から審判とのいさかいというものはあるが、両者ともに終わったことへの切り替えは早かった。両者は敵ではなく、野球界を発展させるために共存共栄していかねばならない運命共同体。そこを確認する作業を共にして両者に失われつつある信頼関係を回復すべきだろう」
 ロッテは審判という“もうひとつの敵“と戦うはめになって2連敗。こういう騒動が続けておきて誰も得するものはいない。何よりファンを置き去りにしている騒動であることを白井審判もロッテ側も自覚して、高代氏が提言するように信頼関係を回復する場が必要かもしれない。

全文はソースでご確認ください。
https://news.yahoo.co.jp/articles/687fef4a6b4f59cf6f8945d501ec85288c24b0c9


【《またまた白熱》レアードの暴言退場で深まる“遺恨“…】の続きを読む

このページのトップヘ